セルフマネジメントに求められる知識

カテゴリ:マネジメント

2015年11月15日(日)

セルフマネジメントに求められる知識

日本におけるセルフマネジメントとは

1970年代の高度成長期と比べると、現在のオフィス環境やそこで働く人々の姿はまさに隔世の感があります。サラリーマンやOLの呼称も”ビジネスパーソン”と変えざるを得ないほど、女性の総合職や管理職も珍しくはなくなりました。

しかし、オフィス環境や情報機器そして仕事自体の変貌に比して、個人のビジネススキルは先の”新呼称”にふさわしいさほど進化しているようには思えません。仕事の進め方に悩む人は後を絶たず、書店は夥しい数の自己啓発本やビジネス関連書籍で溢れています。

今から考えれば信じられないことですが、70年代初頭のオフィスには、パソコンはおろかコピーもファックスも電卓すらもなく、「マネジメント」「マーケティング」「戦略」などの語句も存在しませんでした。仕事の大半は作業労働に費やされ、企業の飛躍成長は、もっぱら社員個々の肉体的・精神的努力に支えられていました。

この成功体験がある意味では、「皆で頑張れば何とかなる」という、日本固有の属人的・精神論的な経営風土を生み、「ビジネスの基本的な知識を理論的・体系的に学ばせ、実務に応用する」という組織風土への転換を遅らせたのではないかと思います。

筆者は日本におけるセルフマネジメントという考え方の出発点は、このような環境に端を発するのではないかと考えています。

自らが主体的に学び、自らをマネジメントする。それが「セルフマネジメント」です。最近では多くの関連書籍も刊行されています。いわゆる自己啓発本などもその一種です。それらの書籍では、目まぐるしく変化する日々の状況や氾濫する情報の洪水のなかで、個人が自分を見失わずに当初の目標を達成するために必要なスキルとして、セルフマネジメントを取り上げています。

セルフマネジメントの重要性

そうしたセルフマネジメントと呼ばれるスキルの習得は、現在の社会においても重要な意味を持ちます。

現在の企業の新卒採用は相変わらず”大卒”であれば、学部・専攻を問わず、マーケティングや企業経営を四年間学んだ学生も夏目漱石研究に没頭した学生も同等の処遇です。 

ビジネスの門外漢であろうと、異才であろうと、入社後にきっちりとした「ビジネス基礎教育」が計画的/システム的に組み込まれていれば良いのですが、実態は「"報・連・相"の大切さ」でお茶を濁して、あとはOJTという名の現場丸投げです。新人に適切な指導を行うことができる人がいないのです。

先述のような環境下で重要となってくるスキルが、いかなる状況であっても自らを「セルフマネジメント」していくことができるスキルでしょう。

企業や管理者からの手厚い支援は期待できるはずもなく、多くの若者たちは、かくして個人でビジネス書を”斜め読み”して得た表層的な経営用語ばかりに詳しい”ビジネスパーソン”となっていきます。

しかし、セルフマネジメントを徹底しているかどうかで表層的な知識を得るに留まるか、基礎知識を理解・習得し、それらを実務へ生かせるかどうかが大きく分かれます。セルフマネジメントというスキルを身につけているビジネスパーソンは、己の環境に左右されず、安定して成果を上げ続けることができるはずです。

一般社員と管理者に求められるセルフマネジメントの違い

P.F.ドラッカーの名著『マネジメント』(1973)の中で、マネジメントを「マネジャーの5つの仕事」として以下の5項目を定義しています。

  1. 目標設定
  2. 組織化
  3. 動機付けとコミュニケーション
  4. 評価測定
  5. 人材開発

政府首脳や大企業の経営者から個人に至るまで、その主体と対象範囲を変えて考えれば、これほど「やるべきこと」を明確に示したものは他にないと思います。

企業経営者や管理者であれば、戦略立案・ビジョンの明確化~リソース配分・個別戦術・施策の立案~意思・価値共有の推進(最近風に言えばCSV)~進捗状況把握(PDCAやKPIなど)~社員・メンバーの育成強化となります。

では、これを個人に置き換えるとどうなるでしょうか?

主体も対象も自分自身となるのですから、「動機づけとコミュニケーション」は、「その目標が達成された時の成果や満足感を自分自身に強くイメージさせること」であり、「人材開発」は「目標達成に必要な自己研鑽努力」となります。勿論そこに至る「具体的な実施項目の明確化」や「進捗状況把握」などのいわゆる”見える化”も欠かせない要素です。

個人の健康管理や業務上の目標管理も企業・組織経営も『マネジメントの基本』に変わりはありません。換言すれば「セルフマネジメント」が確実にできれば、組織マネジメントもできるようになるということです。

セルフマネジメントが発揮する効果

あなたが管理職の立場ではない社員であるならば、物事の要諦は何かを強く意識して学ぶことが重要となります。

例えば、「マネジメント」という言葉は知っていても、「それは具体的にはどういうことを指すのか」「何をすべきなのか」を理解せずしては知識を有しているとは呼べません。それは「マーケティング」「戦略」などの言葉でも同じです。

ビジネスに関する知識を学ぶ上で重要なことは、その要諦たるポイントを自らの仕事への具体的な応用を常にイメージしながら、明確な『知識』として自分の中に形作ることに他なりません。知識はあくまで知識と軽視する風潮がありますが、それはあくまで学び方いかんの問題です。あとはその反復で確実に自分のものとし、実際の仕事に適用して結果を出すだけです。

セルフマネジメントを徹底することにより、こういったことが実現できる可能性が高まります。目標達成意欲や改善意欲といったものも相乗的に高まっていくことでしょう。

対して、あなたが管理職として組織に影響を与えていくことができる立場ならば、上記で述べた内容の実践はもちろんのこと、業務の中に、こうした各自の行動を促す要素や仕組みを組織として取り入れ、評価に反映させることが求められます。

日本においては企業や組織といった側面からの支援が行われにくい環境になっていることが多いため、少なくともあなたの管轄下にある組織では学びを誘発する仕組みを整えていくことが急務となってくるでしょう。

管理職と一般社員のそれぞれの立場から、セルフマネジメントを徹底することで、一個人としても、組織としても飛躍的に成果につなげることがのできる環境へと変化させることができるはずです。

pagetop