「英会話研修」の検索結果一覧

近代日本では単なる英語の知識ではなく、より実践的な英語によるコミュニケーション力の重要性が強調されるようになりました。1975 年には、平泉・渡部論争と言われる英語教育論争が話題となり、実用的な英語教育か教養としての英語教育かで英語教育界に大きな課題を投げかけたこともありましたが、結果的には、それ以降現在に至るまで、英語の実践的なコミュニケーション力の育成が日本の英語教育の大きな目標になっています。学習指導要領の変遷を見ていると、古くは第 2 次大戦後、一貫して技能を身に着けることの
重要性がうたわれてきましたが、当初は英語を母語とする国の言語や文化を学ぶことが目標化されていたのに比べて、1970 年頃から、単にアメリカや英国のような英語圏だけでなく、より広範な国際理解の重要性が徐々に強調されるようになっていきました。2002年には「英語が使える日本人を育成するための戦略構想」が打ち出されましたが、その後の英語教育で、英語が使える日本人は果たして増えているのでしょうか。この戦略構想の目標は、中学校卒業段階では、挨拶や応対等の平易な会話(同程度の読む・書く・聞く)ができるようになること、高等学校卒業段階では、日常の話題に関する通常の会話(同程度の読む・書く・聞く)ができるようになること、そして、大学では、国際社会に活躍する人材等に求められる英語力、仕事で英語が使える人材の育成が求められています。具体的には、日本人全員が中学卒業までに英検 3 級、そして高校卒業までに準 2 級程度の英語力を獲得することを求めており、大学を卒業したら、TOEIC 700 点程度の英語力が求められています。では果たしてどれだけこの目標は達成されたのでしょうか。また教育課程を終えた一般の日本人の英語力についてはどうなのでしょう。日本人の英語力については、こういった話題の際にいつも引き合いに出されるのが TOEFL の点数です。TOEFL という「勉強や研究をするための英語力」を測るという特殊な目的のために作られたテストの結果に基づいて日本人の英語力を云々することには色々批判はありますが、少なくとも、世界の他の国の人と比べることにより、日本人の英語力について考えることは悪いことではありません。そして比較した際の国際比較データを見ると、日本人の平均点は世界でも最も低い点数の一つなのです。こういった面から考えても日本人は一般的に英語に対して自信がなく、強い苦手意識を持っていることが分かります。一方で企業では英語力がますます求められる時代になってきています。外国人と対等に仕事をするために必要な英語力を TOEIC で示すと、ほぼ 70%の人が 800 以上(990 点満点)と答えています。また残りの約30%の人は 900 点以上、と答えています。最近、日本の大企業の中に英語を会社の公用語にする、と公言しているところがありますが、これは今後の国際化される世界の中で日本の企業が生き残っていくためにどうしても必要なことなのです。勿論、業種や職種によっても違いますが、企業の中で、外国人を採用する傾向が増えており、日本の若者は日本にいながらにして、日本人とだけでなく外国人とも競わなければならない社会になってきていることを考えると、日本人全体の問題として考えなければならない重大な問題です。日本人が今後の世界の人々と共存し、国際社会に貢献していくためには、海外に出ていくことを躊躇していたのではだめであり、そして自信を持って世界に出ていくためには、コミュニケーションできるだけの英語力を身につけなければならない。単に「知識として」英語を学ぶのではなく、コミュニケーションの道具としての実践的な英語力を身につける必要があるのです。
ではどうすれば実践的な英語力は身についていくのでしょうか。実践的な英語力を身に付ける1つの方法として集中して英語をとことん学べる環境に身を置く、というものがあります。社員教育研究所の英会話研修は短期間の集中合宿型が大きな特徴です。「知っている英語を話せる英語にする」が研修の大コンセプト。研修期間中は寝ても覚めても英語のことばかり、24時間英語漬けの日々を過ごすことにより、英会話スキルを大幅に伸ばすことが可能です。英語に全く自信のない方はもちろん、TOEIC・TOEFLのスコアはある程度取れているが、実際のコミュニケーションとなると自信がない…そんな方にもオススメの英会話研修です。最低限必要なスキルは中学生までに学んできた初級レベルの英語力です。当社自慢のネイティブ講師が、実際にビジネスシーンでも使えるような英語力レベルまで研修内でブラッシュアップしていきます。英語力に全く自信のない方向けのビギナーズコースから、少し上級者向けのビジネスコースまで取り揃えた定例開催のコースに加え、お客様のニーズに合わせたカスタマイズ研修も承っております。また企業様向けの業界・業種に特化した英会話研修も実施しています。まずはお気軽にお問い合わせください。

pagetop