「新人・新入社員研修」の検索結果一覧

「ゆとり世代」と呼ばれる世代が既に中堅~管理職世代になり、新たな世代「さとり世代」が新入社員として働く現在、新入社員対象研修の在り方も時代に合わせたものとなってきています。一般に新入社員の入社3年以内の離職率は、「7/5/4/3」と言われています。中学校卒で就職し3年以内に退職する割合が70%、高等学校卒で50%、短期大学卒で40%、4年制大学卒で30%というものです。新入社員の早期退職は、採用するまでに掛かった諸経費や、導入教育に発生する研修費用、職場での実践的なOJTだけではなく、その間の給与や欠員補充として新たに中途社員の採用や教育にかかる費用を算出すると、莫大な損害額となることが容易に推測できます。新入社員の離職は出来る限り食い止めたいものです。入社直後の新入社員は、まだ学生気分が抜けきらず社会人になりきれていません。社員教育研究所の新人研修は、そんな入社直後の新人たちを、短期間で自ら積極的に考え・動き・話すことが出来るビジネスパーソンに育て上げる教育カリキュラムです。
研修中、講師は受講生ひとりひとりと真剣に向き合い、厳しくもあたたかく彼らの成長をフォローします。そしてみるみるうちに新入社員の意識を改革します。研修受講後の新入社員は、自ら仕事を探し、疑問・問題点を発見して提案する自発性を身につけた一人前のビジネスパーソンに変身します。社内での本格的なOJTに入る前の、Off-JTとして御社の新人研修にご活用ください。社員教育研究所の新入社員向け研修で特にご好評をいただいておりますのが、7泊8日の日程で行われますビジネス成功の条件(女性対象コースは女子戦力化訓練という名称にて開催)です。この研修のコンセプトをいくつか挙げますと、いつ誰にでも臆することなく自分から進んで挨拶が出来る様になる/礼儀のありようを知り、時や場に応じてこれを実践出来る様になる/社会人として基本となる人間関係を構築するノウハウを研修中の集団生活の中で体得する/目の前の出来事をよく観察し、完結明瞭にして要領を得た報告が出来る様になる/疑問提出訓練により上司の指示の意図を明確に察知出来る様になる/失敗にめげずに失敗を乗り越えられる真の行動力を身に付ける、等が挙げられます。主な訓練項目を挙げますと例えばスピーチ訓練では、大勢の人の前で1分間という限られた時間内に大きな声でスピーチを繰り返すことにより、短時間で論理的なスピーチを組み立てることが出来、また人前で堂々と話せる人材に成長します。共感論争訓練では論理的思考力(ロジカルシンキング)を養います。グループ内でのディスカッションを通じ、自分の考えを論理的に主張するだけでなく相手の主張のポイントを素早く掴み、仕事をしていく上で必要不可欠なディスカッション能力を向上させることが出来ます。また社員の条件訓練ではビジネスシーンで実際によく起こりうる様々な事例を、グループでの議論や講師の解説で掘り下げながら考えていくことで、物事を突き詰めて考える癖がつき、日々の小さな行動の中にも重要な意義を見出せるようになります。また「こういった悪い所があったんじゃないか…」と自分自身の問題を深く掘り下げることにもつながり、今後社会人としてどのように振る舞うべきか指針を見つけ出すきっかけになります。講師の解説を通じ、会社の経営指針や上司がどのような気持ちで新入社員に接しているかも理解することが出来ます。もちろんこういった思考能力を高める訓練項目のみならず、時間厳守、挨拶の徹底、電話応対時の正しいマナーなど社会人として最低限押さえておきたい要素も網羅しております。多くの企業様より好評を頂いており、毎年4月の新入社員研修は必ずこのコース、というリピーターの方も非常に多い研修です。7泊8日は少し長い…という企業様には2泊3日で開催されるGo!フレッシュマン現代の行動学コースもおすすめです。この研修は3日間という限られた時間内に、新入社員に求められるビジネスパーソンとしての素養を磨くための要素を凝縮しています。一番大きな特色としては講師による一方通行の講義ではないということです。限られた日程での研修ですと、一般的にどうしても知識をとにかく詰め込むだけの講義型の研修になりがちです。しかしGo!フレッシュマン現代の行動学では受講者にとにかく積極的に発言させ、自主的な参加を促します。参加者は自ら考え、手を動かし書き、発言し、討議を通じ発見し、目標へ到達するというプロセスを研修内で経験することにより、
職場に戻った際に自らPDCAサイクルを回すヒントを得ることが出来ます。3日間でポイントを絞り、社会人として必要な考え方を体得できる研修です。
当社では新人研修が数多く行われる3~4月のみならず、年間を通して研修を開催しております。また研修受講後のフォローアップセミナーも随時受け付けております。詳細はお問い合わせください。

pagetop