コンプライアンス教育の重要性とは

カテゴリ:チームビルディング

2017年6月22日(水)

コンプライアンス教育の重要性とは

コンプライアンスは企業においてとても重要だと考えられています。社員教育においてもコンプライアンス指導は欠かすことが出来ません。しかし、そもそもコンプライアンスとは何かを十分認識できているでしょうか?コンプライアンスという言葉は知っていても、内容をきちんと把握していなければ指導を行うことはできません。そこで、どうすればコンプライアンスの重要性を高めて周知出来るのか、考えてみましょう。

コンプライアンスとは何?

「コンプライアンスは英語です。英語の「Compliance」を直訳すると、「従う事、従順、遵守、準拠」ですが、「法令遵守」という意味で使われています。この言葉を説明する場合には、コンプライアンスとは企業が法令を遵守することで、また、それを守ることは重要であると説明をされる場合ことが多いです。企業が社会規範に反することなく、公明正大に活動することがコンプライアンスの基本的な考え方なのです。

法令を遵守しなければ社会的な規律が守られなくなってしまいます。法令違反を犯したり、法令違反ぎりぎりのグレーゾーンの活動をする企業が次々次から次へと出てくると、きてしまうと社会の基盤は崩れてしまいかかねません。そのためにもコンプライアンスには法令順守だけではなく、世の中の常識や社会的な規範を守ることも含まれているのです。

コンプライアンス教育とは

コンプライアンスの社会的な認識は年々高まっている傾向にあります。そのため、コンプライアンス教育では、コンプライアンスの意識を社員がコンプライアンスの意識を高め、るために、またコンプライアンスの重要性を理解するためにも行われるのです。コンプライアンスの意識が社員の中で高まり重要性をであることを認識することができ出来れば、企業全体の意識改革へと繋がってつながっていくのです。

そのためには、コンプライアンス教育を社員に徹底し、させるためにも経営者や管理者もがコンプライアンスを強く意識するしていくことが重要です。

コンプライアンスを強化する方法

たまに企業の不祥事が発覚する出てくることがあります。ニュースで大々的に報道されればると企業のイメージダウンになりかねません。不祥事が起きたる企業では、その不祥事の当事者を起こした人だけが社会的亭な常識からが逸脱しているのではなく、企業全体がコンプライアンスに対してついて低い意識しか持っていない傾向にあるのです。

コンプライアンスの教育を徹底し、て社員全員が意識を高めることができればで、企業全体の責任や倫理観もアップするでしょう。

さまざまなコンプライアンス違反

コンプライアンス違反にはいろいろな事象事柄があります。これ位のならようなことは大丈夫だろうと思っているような些細なことでも、コンプライアンス違反になる場合ってしまうものもあるのです。

  • 会社の備品を私物化すること
  • 有給休暇の取得を拒否すること
  • 勝手に残業をすること
  • 顧客から集めたアンケートを回答者に無断勝手にで他の部署がで利用すること
  • 昼休みを多くとって、その分をサービス残業すること
  • 会社のパソコンを使って掲示板やSNSに書き込むこと
  • 社員名簿を業者に渡すこと

以上はどれも異常はココンプライアンス違反になります。さらに、セクハラやモラハラ、パワハラなども違反とされるのです。普段の何気ない行動が違反に繋がるつながることもあるので、企業全体でコンプライアンスについて真剣に考えて、徹底して取り組んでいくことが重要なのです。

情報漏洩のリスクを低くするために

顧客の情報が漏洩する事件は残念ながらたまに発生していますます。パソコンから情報が漏洩することもあれば、社員が勝手に顧客データを持ち出し情報を売るってしまう場合もあります。社員にコンプライアンスのを徹底させることも重要ですが、情報が漏洩できないような仕組みを徹底して構築するおくことも大切です。

企業の機密文書が誰でも持ち出せるようでは、ついつい終出来心が起きるてしまう可能性もあります。情報管理を徹底していれば社員の心にスキを作ってしまうこともありません。情報漏洩が起きないよう、に情報の管理の徹底によって、をすることデータの持ち出しやで情報を持ち出す人も出てきませんし、間違えて情報を漏洩の過失といったしてしまうというリリスクを低く抑えるするこことが出来るのです。

コンプライアンスは企業全体で取り組みましょう

コンプライアンスは企業のトップだけが徹底していれば良い、といういいこことではありません。社員が一丸となってコンプライアンスを守る徹底していくことが重要なのです。社員の意識が上がると企業全体の意識も向上します上がりますので、企業の責任感やや信頼感アップにもつながるでしょう。法令順守の企業に対する高い意識を持ち忠誠心を持っていれば情報が漏洩することもないですし、コンプライアンスが崩れることもありません。

ただしコンプライアンスの中には、社員も気づかずに悪意なくうっかり就業違反を起こしている場合もものもあります。コンプライアンスの内容を正しく理解して把握しておくことでリスクは低く違反はなくなりますし、企業全体がコンプライアンスを守るよう、ために意識が改善されていくでしょう。健全な企業体型を作り上げるためにも、企業全体でコンプライアンスに取り組むことが大切なのです。

pagetop