「マネジメント研修」の検索結果一覧

今日の管理職に求められる能力として必ず挙げられるのがマネジメント能力です。マネジメントとは、組織を効率的に機能させるために、計画(目標)を立て、適切な人材配置・予算配分を行い、プロジェクトを成功に導くというプロセスの管理を指します。その管理には若手社員の育成など人材育成も含まれています。
人材マネジメントとは組織(企業)の存続・発展、業績の持続的向上という企業目的を達成するために遂行する、経営資源である人材に関わる諸活動(人材の確保、評価、育成、動機づけ、活用、処遇)であり、それは同時に従業員の多様化する欲求に対応する必要があり、かつ社会性が求められます。人材マネジメントには企業目的の達成という組織ニーズと併せて従業員の欲求充足という個人ニーズへの対応も求められ、更には組織内での自己完結ではなく社会との整合性という視点も必要です。
人材マネジメントの成果をあげるためには、第一にトップが従業員とコミュニケーションを取り、目指すべき人材モデルを明示する、第二に人材を育成する方法やスタイルを組織として確立することが重要です。更に人材マネジメントの方向性に関する企業の意思を明確にして、それを社内制度に体現することも重要です。また業務遂行に関しては、日々の業務の進め方がどの程度標準化されているかなどが人材マネジメントのあり様に少なからず影響を与えることを踏まえておく必要があります。
また有効性が高いと考えられている人材マネジメントモデルは育成先行のバランスの取れたマネジメントスタイルと言われています。人事制度の確立や定着も大事ではありますが、人材を育成する方法やスタイルの確立、信賞必罰の明確化、キャリア選択の多様性の確保にまずは重点をおいて、その実現のために人事制度の定着運用を用いるのが良いのではないでしょうか。こういったマネジメントスタイルを取る企業の従業員満足度・顧客満足度・業績において高いパフォーマンスを上げる可能性が高くなります。
人材を育成する方法やスタイルを確立するためには、外部研修の利用もおすすめです。マネジメントにはコツがあります。社員教育研究所のマネジメント研修ではそのポイントを的確にお伝えします。例えば当社セミナー・リーダーの条件ではマネジメント層にあたるリーダー職を対象として、2泊3日でマネジメントの要所を効率良く学ぶことが出来ます。リーダー職の重要な任務はチームメンバーに仕事を創り、与え、指導し、そして成功へと導くことです。チームメンバーのやる気を引き出す部下管理を理解し身に付けます。例えば正しい仕事の与え方です。チームメンバーはリーダーから課せられた自らの任務・役割を総点検し、正しく理解したうえで仕事をすすめられる、という状況にあることが理想です。そのためにはリーダーがチームメンバーのやる気を高める効果的な仕事の与え方を身に付け、そしてチームメンバーに仕事を与えた後は次に何をすべきなのかを正しく判断することが必要です。その方法論を本研修では学びます。この仕事の与え方を学ぶ際には、座学で形式的に学ぶのではなくロールプレイを積極的に用います。研修参加者同士役割を決めて、チーム・部下を活性化させる仕事を与えるポイントとノウハウ・明快な指示の与え方(仕事の内容、目的、納期、優先順位、進め方、具体的手法)・部下の力量、経験に応じた指示の出し方を実践しながら習得します。また部下のやる気を高め、成果を出させる方法として仕事の種類、優先順位、重要度等による区別・相手(ベテラン社員・新入社員・扱いにくい社員)に応じた対応方法・与えた仕事に納得し、真剣に取り組ませるための伝え方もカリキュラムに取り込まれています。また仕事の与え方の他には、簡単なようで難しい注意の仕方・褒め方についても取り組みます。注意の仕方ではチームの動き、部下の行動を変える効果的な注意方法を学びます。注意する際の表現方法からポイント、内容の明快さ、その回数・あらゆる場面に対応でき尚且つ成果が出る注意方法についてや、電話があまり上手ではない報告がない等、具体的な状況やシーンに応じた注意の仕方についても紹介・ロールプレイ内で実践します。褒め方については、成長、成功に繋がる褒め方を意識させます。チームメンバーを奮い立たせ、チームに活力を与える褒め方はどのようなものなのか、そして褒めることとお世辞の差異、この2つを混合してしまった際のマイナスなども触れます。褒める際に重要なことは、小さなことでもチームメンバーの成長・成功を見逃さないことです。褒めることがどのようなプラスを職場にもたらすのか、リーダーは理解しておく必要があります。そして褒めた後のアフターフォローについても本研修内の項目で理解しておきましょう。リーダーの人材マネジメントスキルを高めることが企業経営の鍵を握ります。今後の企業経営のヒントとなる社員教育研究所の実践的な訓練・セミナーをぜひご活用ください。

pagetop