「リーダーシップ研修」の検索結果一覧

リーダーとはその組織の求心力の中心となる人物のことであり、その役割は組織・企業の中で働く人々を束ね、統率することです。そしてリーダーシップとはその統率すること自体を指し、統率する力つまりは人についていこうと思わせ、人々をまとめる属人的影響力を意味します。多様化が進む現代社会においては、リーダーの中でも特に目標を掲げて新たな方向に人々を向かわせ、社員を率いて変革に巻き込むことが出来、また人々が変革に対して抱く恐れを拭いチャレンジし続ける DNA の植えつけを行い、社内外の抵抗に屈することなく変革を実行していくという強力なリーダーシップを備えたリーダーが必要となります。では自分が課長などの役職につけばその日からそれにふさわしいリーダーシップが身につくのかといえば、それはそうとは限りません。確かに人によっては課長などの役職についてから見違えるほどにその人なりのスケールを大きくし、周囲の期待に応えられる指導力・統率力を発揮し出す人もいます。しかしその一方で、ある役職についても相変らずその本人が自分の立場でそこに求められている役割機能を十分に理解できずに、的確な指導力・統率力を発揮できないという人もいます。随分昔にはリーダーシップは教育や訓練で身につくものではなく、ある限られた人間が生まれつき持った天性からの資質なのだといったとらえ方をされてきました。しかしながら現在ではこのリーダーシップ資質論は退けられ、リーダーとは育成可能なもの、リーダーシップは本人の自覚さえあれば教育や訓練で身につけられるものといった機能論がごく普通の考え方です。機能とは働きのことですから言ってみればリーダーになったらリーダーとしてふさわしい働きをしてくれれば良いというわけです。リーダーシップは能力ではなくチームや組織を動かすスキル、つまり後天的に習得できるものなのです。
ではこのようなリーダーシップを身につけるにはどのような能力を磨いていけば良いのでしょうか。磨いていくべきスキルとして3つの能力がよく挙げられます。その3つとは状況認識能力(コンセプチュアルスキル)、対人関係能力(ヒューマンスキル)、業務遂行上の専門知識・技術(テクニカルスキル)です。そして職場のリーダーである管理職は日常業務的なテクニカルスキルよりも組織的な問題意識とその解決能力(コンセプチュアルスキル)の幅を拡げ、その能力を磨いていく必要性があります。例えば社員教育研究所のミドルマネジメントセミナーであればこの必要な能力を効率よく磨き上げていくことが可能です。このコースはコンセプチュアルスキルコース(全6回)とヒューマンスキルコース(全6回)の2つの課程に分かれております。コンセプチュアルスキルコースでは、職場内の全員が納得出来る具体的な目標を設定し、部下に浸透させ達成する管理手法を学び目標達成管理力を培います。また職場の問題を当事者意識で原因究明し、的確な分析力と具体的な対策立案力をも養います。ヒューマンスキルコースでは様々な部下に合わせて的確に仕事を与え信賞必罰でやる気を高める部下育成指導力、お客様に好印象を与える折衝交渉力、クレームを前向きに解決する実践力を高めます。全課程修了後には能力認定も行っており、目に見える成果としてリーダーシップを高めることが可能です。
リーダーである管理者とはメンバーである部下それぞれの能力を最大限に引き出し、その力を結集して組織の目標を達成していくことが最大の使命だといえます。管理者だけが優れた能力を持っていたとしても,それだけでは組織の力は発揮されません。また部下それぞれがたとえ高い能力を持っていたとしてもこれがバラバラでまとまりがつかないのではチームの力は弱体化してしまいます。この個人の力をいかに組織力として結集していくかが重要なポイントとなり,そこにまとめ役ともいえるリーダーの存在意義が問われてくるのです。よく組織の力とは,1+1=2ではなく,そこに出てくる値は3にも4にもなるものであるといわれます。これこそが組織力・チーム力といえるのです。個人個人の力を組織力に結集するにはそこには全員で目指す共通目標がどうしても必要となります。それと同時にそこにいる1人ひとりの間の意思疎通、コミュニケーションが欠けては協力意識が生まれてきません。また,各々が自分の果たすべき役割を十分に心得、目標達成への意欲的な役割行動を起こすことが求められます。チームプレイに不可欠なこの組織の3要素(共通目標・コミュニケーション・貢献意欲)を常に念頭に置き、個々人の力を集団の力に転化させていくこと、これこそが職場のリーダーである管理者の役割だといえるのです。
またリーダーや組織のトップだけがリーダーシップを身に着けていればよいと思われがちですが、それは間違いです。リーダーシップは、ビジネスに携わるチーム全員・組織全員が身に着けておくべきことです。全員が物事の方向性を決め、的確な判断を下せるようにならねばならないのです。社員教育研究所のリーダーシップ研修では、短期間でその極意をお伝えいたします。

pagetop