相手に伝わるプレゼンテーション能力

カテゴリ:人材育成

>

2018年7月14日(土)

相手に伝わるプレゼンテーション能力

ビジネスにおいてプレゼンテーション能力は欠かせません。プレゼンテーションスキルが高ければ取引先やクライアントにこちら側の提案や魅力、メリットなどを明確にプレゼンでき、ビジネスチャンスをさらに広げる可能性につながるでしょう。ここでは、相手に伝わるプレゼンテーション能力が身につく方法についていくつかご紹介します。プレゼンテーションスキル向上を目指している方はぜひ目を通してください。

プレゼンテーションスキルは必要

仕事でプレゼンテーションを任されたことがある、という方もおられるでしょうが、一口にプレゼンと言っても難しいものです。自分では上手に説明したつもりでも相手にしっかり正確に伝わらないこともありますし、後から散々な評価を聞かされてショックを受けた方もおられるのではないでしょうか。

冒頭でもお話したようにビジネスにおいてプレゼンテーションスキルは絶対に必要ですし、なくても何とかなるといったレベルの話ではありません。プレゼン力が低ければ、ビジネスシーンにおいて他社から圧倒的な差をつけられてもおかしくない話なのです。逆に考えると、高度なプレゼンテーション能力を身につけていれば、これほど強力な武器はないでしょう。

コミュニケーション力が重要

相手に何かを伝えるとき、コミュニケーションスキルが必要となってきます。プレゼンテーションを行うのは自社が提案する商品やサービスなどの魅力を明確に伝えることですし、その上でビジネスパートナーを募る、商品やサービスを購入してもらうという流れになります。プレゼンでは取引先やクライアントにしっかりと話の内容を伝える必要があり、そのためには何よりもコミュニケーションスキルが必要となります。コミュニケーションがしっかり取れれば意思の確認をしながらスムーズに話が進み、より中身の濃いプレゼンも可能になるでしょう。

「相手に伝える技術」というのは「コミュニケーションの技術」です。つまり、コミュニケーションスキルが上がれば、自然とプレゼン力も向上するのです。そのためにはコミュニケーション教育、コミュニケーション訓練も必要となってくるでしょう。現在多くの企業でコミュニケーション研修が行われているのにはこうした背景もあるのです。

コミュ力を磨くには

ビジネスに必須となるコミュ力を磨くには、具体的にどのようなことをすれば良いのでしょうか。先ほどコミュ力を磨くことがプレゼン力向上にも結び付くというお話をしましたが、そのためには何をすればいいのかと悩む方もおられるでしょう。

さまざまな方法があげられますが、まずは自分が話したいことをより具体的に伝える意識を持つことです。より具体的で分かりやすく話そうと努めれば、相手に自分の気持ちが伝わりやすくなるものです。そこを意識するだけでも随分変わってくるでしょう。また、相手の気持ちを具体的に考えること、分かりやすいように例え話などを上手に使うといったことも大切です。

日頃から意識すること

コミュニケーションスキルは一朝一夕に身につくものではありませんし、頭では理解できても、すぐ実践できるようなものでもありません。日頃から常に意識することが大切ですし、普段からたくさんの人と会話を交わしトレーニングする必要もあります。常に意識的にコミュ力向上に努めていれば、何気ない会話もトレーニングになりますし、コミュニケーションスキルの向上にも一役買ってくれるでしょう。まずは日頃から常に意識して会話するよう心がけてください。

研修を利用するのもアリ

プレゼンテーションスキルを向上させるためのワークショップなども行われていますから、こうした研修やセミナーに参加するのもおススメです。プレゼン力アップを目指すさまざまなノウハウをレクチャーしてもらうことができますし、効率よくプレゼン力がアップできるのではないでしょうか。

こうしたセミナー、研修に参加するには費用も当然必要ですが、それだけの価値がある話も聴けるはずです。プレゼンテーションに必要となるさまざまなテクニック、考え方なども身につけることができますし、一気にコミュニケーション力、プレゼン力をアップさせることも可能になるでしょう。検討してみる価値は十分あります。

伝わらないと意味がない

聴き手に言いたいことが伝わらなければ、プレゼンテーションの意味がありません。自分たちも相手もただ無駄な時間を過ごすことにならないよう、短時間で言いたいことをすべて伝える必要があります。そのためにはプレゼンテーション力が必要となりますし、その根幹となるコミュニケーションスキルも必要となってくるのです。日頃からコミュ力を高めようとする意識を持ち、プレゼンテーション研修なども活用しながらプレゼン力アップに努めてみましょう。



pagetop

1